Blaine Fontana – work for dinner, dreams for dessert

November 2010
http://www.koenji-high.com/ampcafe/archives/3733


About

 一つ一つのフォンタナ・ブレインの作品には彼自身の独特の世界観がキャラクターに描かれています。受身と内気な彼はこのキャラクターを「Templings」と名乗りだしました。「Templings」とは英語で「Temple」(寺)と「Beings」(人・物・生きてるもの)の文字の融合から生まれました。こういった彼の描いたキャラクターが人でも神でも悪魔でも幻でも妖怪でも、見る人によって様々な意見が持ち上げられます。男でも女でもなく、フォンタナ・ブレインの描くキャラクターは彼の魂の源と彼の精神の安らぎを表すキャラクターです。「Templings」はその他に彼の身の回りの思い出や記憶を表しています。彼の描く濃い、ユニークな背景が彼の描く情報や色とユニークに融合し作品に常に並べています。彼の作品はよくテーマ化したり、シリーズ化することが多いです。

小さく描かれた作品はテーマの土台の隙間を埋めるためや、描いてるテーマの情報をよりリアルに表わすために作られています。ほとんど背景や、一般の人や、日付や、彼のその作品を描いてる最中の気持ちを表しているものです。彼の作品をすべて「○○だ」っと宣言するのはとても難しい事、それはフォンタナ・ブレインはシリーズごとに常に新しい自分と新しい物語を描いているからです。 

フォンタナ・ブレインのインスピレーションは宗教的だったり、物語だったり、今の人間と人間の文化に描かれています。数々の文化は芸術を「医学的」に使われ、シャーマンのイメージとして使われることが多いです。この考えでフォンタナ・ブレインは自分のスタイルを探してる間、彼にトラウマ的な出来事が起きました。だがそれでも止まらず、彼は次第に自分の経験を活かし、世間に自分の経験を描きメッセージを送ることにしました。こう言ったメッセージは彼の作品に数々表れています。

フォンタナ・ブレインの描く技術の源は数々のところから影響されてきました。数々の中で一番影響されたのはグラフィティー、写真、グラフィック デザインだった。彼は森に囲まれた生活に育てられた上、シアトル・ワシントン州の大都会のジャングルでも生活したので、両方の世界観を経験した人間です。彼は二つまったく違う環境のイメージを活かし作品に仕上げました。こう言った逆の立場:機械と自然、オーガニックと科学、哲学と現実、陰と陽、興奮と安定、それらを融合させ始めてハーモニーが生まれるのです 
OPENING RECEPTION PHOTOS


Leave a Reply